海外での通信は、日本人利用者7年連続No.1の【グローバルWiFi】を使おう!

台湾「松山空港」読み方を解説します。

当ページのリンクには広告が含まれています。
松山空港

「松山空港」の読み方に迷ったことはありませんか?

特に「松山」をどう読むのか気になる方も多いでしょう。

台湾松山空港の読み方は「ソンシャンヂィーチァンです。

この記事では、松山空港の名前の由来や中国語と日本語の読み方の違い、空港の基本情報や利用時の注意点まで詳しく解説します。

著者のプロフィール
  • 総合商社の海外営業担当11年目
  • 台湾出張歴6年、タイ出張歴2年
  • 年間120日以上は海外で仕事しています。
毎月台湾出張中!

 

最初にチェック!

台湾旅行ご検討中の方は、筆者がおすすめする「台湾旅行に持っていくべき必須・おすすめアイテム」をぜひご参考ください。

 

目次

結論|台湾松山空港の読み方は「ソンシャンヂィーチァン」

台湾松山空港の読み方は「ソンシャンヂィーチァン」です。

中国語のピンインは「sōng shān jīchǎng」です。

下記、解説します。

  • 松山空港の読み方の由来
  • 松山空港の中国語読みと日本語読みの違い

① 松山空港の名前の由来

松山空港の名前は、台北市の松山区に由来しています

松山区は、かつて松山という村が存在したことから名付けられました。

松山区は、台北市の北東部に位置し、歴史的にも重要な地域です。この地域は、台湾の開発初期において重要な役割を果たしました。また、松山区は自然豊かな地域であり、観光地としても知られています。

松山空港は、その名の通り松山区に位置し、地元の地名にちなんで命名されました。

 

② 歴史的背景と読み方の変遷

松山空港は1936年に開港され、その後の歴史とともに読み方も変遷してきました。

開港当初は、主に軍用飛行場として使用されました。その後、民間航空の発展とともに、松山空港は商業空港としても利用されるようになりました。

また、日本統治時代には日本語の「まつやま」として知られていました。

しかし、現在では中国語の「ソンシャン」という読み方が一般的です。

 

台北への観光なら「台北松山空港」が最も近くて利便性が良いですよ。

松山空港の基本情報

松山空港の基本情報について説明します。

  • 位置とアクセス方法
  • 主な利用者と路線
  • 空港内の施設とサービス

① 位置とアクセス方法

松山空港は台北市内に位置し、市内中心部からのアクセスが便利です

松山空港は台北市の北東部に位置し、市内中心部から約5キロメートルの距離にあります。

空港へのアクセスは、公共交通機関やタクシー、自家用車などが利用できます。

特に、台北メトロ(MRT)の松山機場駅が空港に直結しており、短時間でアクセス可能です。

また、空港周辺にはバス停もあり、複数のバス路線が空港を経由しています。

② 主な利用者と路線

松山空港は、国内外の多くの旅行者に利用されています

国内線では、台北から他の都市への便が多く、特に高雄や台中への便が頻繁に運航されています。

また、松山空港は国際線も運航しており、主要な路線には日本や中国、韓国への便があります。

特に、日本からの観光客には人気のある空港です。

松山空港は、台北市内に位置しているため、観光やビジネスの拠点としても非常に便利です。

 

 

松山空港を利用する際の注意点

松山空港を利用する際の注意点について説明します。

  • チェックインとセキュリティ
  • 税関と持ち込み品の規制
  • 快適に過ごすためのポイント

① チェックインとセキュリティ

松山空港では、チェックインとセキュリティチェックが重要です

チェックインは、出発時間の2時間前までに済ませることが推奨されています。

これにより、余裕を持ってセキュリティチェックや搭乗手続きが行えます。

また、セキュリティチェックでは、手荷物や身の回り品の検査が行われます。

液体や鋭利な物品などは制限されているため、事前に確認しておきましょう。

さらに、身分証明書や搭乗券を準備し、スムーズにチェックインを済ませることが大切です。

 

② 税関と持ち込み品の規制

松山空港では、税関の手続きと持ち込み品の規制が厳しく管理されています

税関では、持ち込み禁止物品や申告が必要な物品について確認が行われます。特に、食品や植物、動物製品などは厳しくチェックされることがあります。

また、高価な品物や大量の現金を持ち込む際には、事前に申告が必要です。

 

 

松山空港周辺の観光スポット

松山空港周辺の観光スポットについて説明します。

  • 故宮博物院
  • 台北101
  • 饒河街観光夜市

① 故宮博物院

故宮博物院は、台湾を代表する観光スポットです

故宮博物院は、中国の歴史や文化を展示している大規模な博物館です。

ここでは、数千年にわたる歴史的な遺産を鑑賞することができます。

また、故宮博物院は台北市内に位置しており、松山空港からもアクセスが便利です。

博物館内には、展示品に関する詳細な説明があり、歴史や文化に興味がある方にとって非常に魅力的な場所です。

 

② 台北101

台北101

台北101は、台北のランドマークであり、観光スポットとして人気です

台北101は、高さ508メートルの超高層ビルであり、そのデザインと高さで世界的に知られています。

ビル内にはショッピングモールやレストランがあり、観光客にとって楽しめる場所が多くあります。

また、展望台からは台北市内のパノラマビューを楽しむことができます。

特に夜景は美しく、多くの観光客が訪れます。

さらに、台北101は台北市内中心部に位置しており、松山空港からのアクセスも非常に便利です。

 

世界で10番目に高いタワーです。

 

③ 饒河街観光夜市

饒河街観光夜市は、台湾の夜市文化を体験できる人気のスポットです

饒河街観光夜市は、台北市内で最も有名な夜市の一つです。

ここでは、多彩な屋台料理やお土産品を楽しむことができます。

特に、台湾の地元料理を味わうことができる屋台が多く、観光客にとって魅力的な場所です。

また、夜市は夕方から夜遅くまで営業しており、観光客だけでなく地元の人々も多く訪れます。

 

まとめ|台湾松山空港の読み方と利用のポイント

ここまでに書いた内容をまとめます。

項目内容
結論台湾松山空港の読み方は「ソンシャンヂィーチァン
由来台北市の松山区に由来
基本情報市内中心部からのアクセスが便利
利用時の注意点チェックイン、セキュリティ、税関の手続きが重要
周辺観光スポット故宮博物院、台北101、饒河街観光夜市

台湾松山空港を利用する際は、アクセスの良さと旅行の目的に応じたプランを立てることで、快適で効率的な旅行を楽しむことができます。

旅行時におすすめのクレジットカードは「海外旅行傷害保険付き(利用付帯)」のエポスカードです。

①最高3,000万円の海外旅行傷害保険(利用付帯)
②年会費永年無料
③入会特典:2,000円相当のポイントゲット

クレジットカードは旅行には必須アイテムですが、海外だけでなく国内でも普段使いができて賢くポイントが貯まるのでおすすめですよ!

>>海外旅行損害保険付きのクレジットカードを申し込む
公式HP:https://eposcard.co.jp/index.html

台湾旅行の際にもっていくべき必須・おすすめアイテムについては、下記でご紹介しております。

当ブログでは「台湾」に関する現地情報や旅行準備前のお役立ち情報を発信しております。

よろしければ下記より関連記事をご確認ください。

 

それでは。

松山空港

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次