海外での通信は、日本人利用者7年連続No.1の【グローバルWiFi】を使おう!

【台湾】11月の気温は?服装やイベント情報を解説します。

当ページのリンクには広告が含まれています。
11月

11月に台湾旅行を計画する際に、

「気温は?」
「どんな服装で行けばいいの?」
「どのようなイベントがあるの?」

といった悩みが出てくると思います。

本記事では、11月の台湾の気温と適切な服装、イベント情報を解説します。

著者のプロフィール
  • 総合商社の海外営業担当11年目
  • 台湾出張歴6年、タイ出張歴2年
  • 年間120日以上は海外で仕事しています。
毎月台湾出張中!

最初にチェック!

海外旅行ご検討中の方は、筆者がおすすめする「海外旅行に持っていくべき必須・おすすめアイテム」をぜひご参考ください。

 

目次

台湾の11月の気温は快適な過ごしやすい季節

台湾の11月は快適な気候が続く過ごしやすい季節です。台湾は東アジアの亜熱帯気候に属し、年間を通して温暖な気候が続きます。

①台湾の11月の平均気温と湿度


11月の台湾の平均気温は20度前後となります。最高気温は25度ほど、最低気温は15度前後と、日中と夜間では10度ほどの開きがあります。

湿度は60%前後とやや乾燥気味で、肌の乾燥には注意が必要です。
例えば台北の11月の平均気温は20度、最高気温25度、最低気温17度、平均湿度は63%となっています。

地域によってはばらつきがありますが、概して日中は半袖で過ごせる程度の快適な気温が続きます。夜はやや肌寒くなるので、上着が必要になる場合があります。

 

日中は暖かいですが、夜と朝は冷え込むことも多いです。

 

②日中と夜間の気温差にも注意が必要

日中と夜間の気温差が10度前後あるのが11月の特徴です。日中はポカポカ陽気で半袖でOKですが、夕方から気温が下がり肌寒くなります。屋外でご飯を食べる際は、上着を持参するなどの対策が必要かもしれません。

 

快適な11月の台湾旅行に最適な服装は?

快適な11月の台湾旅行に最適な服装を紹介します。気温と湿度を考えれば、薄手の服装がベストですが気温差にも注意が必要です。

①長袖シャツやカーディガンなど肌を出さない服装が無難

日中でもややひんやりする11月は、肌を出さない長袖の服装が無難です。例えば長袖シャツにスウェット、ジャケットなどをレイヤードするスタイルがおすすめ。カットソーの上にカーディガンを羽織るなど、脱ぎ着が楽にできるよう工夫しましょう。

 

②日中は半袖でも過ごせる気温だが夜は肌寒くなるので上着が必要

日中は気温が20度前後と半袖で過ごせる気温ですが、夕方からは15度前後まで下がるので、上着が必要になります。薄手のコートやブルゾン、フリースなどがおすすめです。アウターは着脱できるよう軽めの物がベストです。

 

③傘やレインコートは不要だが折りたたみ傘があると便利

11月は台湾の雨季を過ぎた時期なので、傘やレインコートは特に必要ありません。ただし、天気の変わりやすい台湾なので、折りたたみ傘があると便利でしょう。合羽は重くて邪魔になりがちなので、ビニール傘があると良いかもしれません。

下記の製品は食パン1枚とほぼ同じ重さの69G超軽量ですのでおすすめです。

台湾は季節によっては夕方に急な大雨が降ることも珍しくありません。折り畳み傘はお忘れなく!

 

➃靴は歩きやすいスニーカーやサンダルがおすすめ

観光ではかなり歩くことになるので、歩きやすい靴が重要です。スニーカーなどのスポーツシューズか、サンダルがおすすめ。サンダルは脱ぎ履きが楽で、靴を脱ぐ機会の多い台湾旅行に適しています。革靴は蒸れやすいので避けたほうが無難です。

 

台湾の11月に開催される見逃せないお祭りやイベント

台湾では様々なお祭りやイベントが11月に開催されています。地域色豊かな催しを楽しみながら、台湾の文化に触れられるチャンスです。

台湾国際サーフィン大会

台湾国際サーフィン大会は、毎年11月に台東県での開催です。

太平洋を望む美しいビーチで、世界的なプロサーファーが技を競います。華やかな雰囲気の中、熱戦が繰り広げられます。

②バショウカジキ祭

バショウカジキ祭は、東部の東河町で行われる祭りで、カジキ釣りの捕獲物を料理して振る舞います。地元の文化や芸能の披露もあり、カジキ料理が味わえる貴重な機会です。

 

③ローゼルフェスティバル

ローゼルフェスティバルは、台中市で開かれる有名なお祭り。桜の名所として知られ、夜には灯籠に明かりが灯され、情緒あふれる雰囲気が楽しめます。

 

➃ネーブルオレンジフェア

ネーブルオレンジフェアは、台南・嘉義一帯が主会場のイベント。ネーブルオレンジを使った各種グルメやスイーツが販売され、オレンジ畑の見学ツアーも人気です。

 

 

台湾11月の気候を活かした過ごし方のヒント

台湾の過ごしやすい11月の気候を活かしたおすすめの過ごし方をご紹介します。

①快適な気温を活かしたハイキングが楽しめる


快適な気温が続く11月は、台湾のハイキングコースを散策するのに絶好の季節です。台北の陽明山国家公園や、台中の玉山国家公園などで、美しい自然を満喫することができます。初心者でも楽しめるコースも多数用意されています。

 

②温泉街を散策するのにもってこいの気候


台湾には名湯の温泉地が数多くあり、過ごしやすい11月の気候はそれらの温泉地を訪れるのに最適のシーズンです。台北の内湖温泉、南投県の日月潭、台東の知本温泉などは特に有名で、昼は散策を楽しみ、夜は湯浴みを楽しめます。

 

台北だと、「北投(ベイトウ)」というエリアが温泉街で有名です!台湾の温泉は裸はNG。水着着用です(笑)

 

③屋外の食事やショッピングを楽しむのに最適な季節


日中はポカポカと暖かいため、屋外の飲食店やショッピングを楽しむのにも11月がベストシーズンです。台北の市場を散策したり、路地裏の屋台でいただく屋台料理は格別の味わいがあります。夜は街の賑わいを楽しめる居酒屋ストリートも人気です。

台湾旅行の準備と心がけるポイントをおさらい

台湾旅行を快適に楽しむための事前準備と、現地で気を付けるポイントをおさらいしました。

①効率的な持ち物リストの作成


旅行に必要な荷物をリスト化し、忘れ物がないように確認しておくのがおすすめです。衣類や日用品に加えて、現金や両替したお金、パスポート、保険証のようなものもチェックが必要です。荷物が多すぎず、移動にも支障がない量を見極めましょう。

 

②現地の習慣やマナーを知っておく


宗教やエチケットなど、台湾特有の習慣やマナーについて事前に調べておくことをおすすめします。例えば寺院への参拝のマナーや、飲食店での作法など知っておくと現地でスムーズに過ごせます。

 

➃台湾の英語と中国語の基本フレーズ


英語が通じない場所も多い台湾で、基本的な会話フレーズを身につけておくと便利です。英語は通じにくい場所もありますが、簡単な中国語なら意思疎通が図れるかもしれません。事前に最低限の挨拶や応答は覚えておきましょう。

 

まとめ|台湾の11月は快適な旅シーズン、計画的な準備で最高の思い出旅行を

項目詳細
気温日中20度前後、夜15度前後。日較差10度ほど
降水量雨季明け、晴れの日が続く
服装長袖シャツ、パーカー、薄手のコートなどレイヤードスタイル
イベント竜山寺の盂蘭盆会、台北マラソン、ランタンフェスティバル、伝統芸能の披露など
アクティビティハイキング、温泉、キャンプ、BBQ、ショッピングなど
準備荷物リスト、行程作り、習慣・マナー確認、ミニ会話集、お土産チェック

台湾の11月は快適な気候が続き、観光やアウトドアを満喫できる絶好の旅行シーズンです。

日中は半袖で過ごせますが、日較差が大きいので上着が必要です。

イベントや地元の祭りも目白押しで、台湾の文化に触れられるチャンスです。

この記事をご参考に、あなたの台湾旅行を充実させ、忘れられない思い出を作りましょう!!

 

台湾旅行の際にもっていくべき必須・おすすめアイテムについては、下記でご紹介しております。

 

当ブログでは「台湾」のホテルやお役立ち情報などの関連情報を発信しております。

よろしければ下記より関連記事をご確認ください。

 

それでは。

11月

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次