台湾旅行に必須のアイテムはこちらをチェック

【基本的には不要】台湾は変圧器(コンセント)は必要?解説します。

当ページのリンクには広告が含まれています。
プラグ

「台湾旅行に行くけど、電化製品はどう持っていけばいいの?変圧器は必要?コンセントの形状は?」

そんなあなたの悩みを解決するために、この記事では台湾旅行時に変圧器は必要か不要か。必要な際のおすすめ情報について詳しく解説します。

ぜひ最後までお読みいただき、安心して台湾への旅をお楽しみください。

この記事を書いた人
  • 某総合商社の海外営業担当11年目
  • 台湾出張歴6年目、タイ出張歴2年目
  • 年の1/3は海外で仕事しています。
毎月台湾出張中

最初にチェック!

台湾に行く際は、筆者がおすすめする「台湾に持っていくべき必須・おすすめアイテム」もぜひチェックしてみてください。 

目次

台湾旅行前に知っておきたい!電圧とプラグの基本情報

台湾旅行前に知っておきたいのは、電圧とプラグの基本情報です。

台湾と日本では、電圧にわずかな違いがあります。台湾は110V、日本は100Vです。この10Vの差が、電化製品の使用に影響を及ぼす可能性があります。

① 台湾と日本の電圧の違い

台湾の電圧は110Vで、日本は100Vです。この10Vの差は小さく見えますが、電化製品にとっては重要な違いです。 たとえば、日本で使われている電化製品は、多くが100Vに最適化されています。しかし、多くの現代の電化製品は100V〜240Vに対応しており、台湾でも問題なく使えることが多いです。ただし、古い製品や特定の電化製品では、性能が落ちたり、故障の原因になることもあります。

台湾での電圧は、日本と比べてわずかに高いですが、これが電化製品の使用にどのような影響を与えるのかを理解することが重要です。特に、高消費電力の製品を使用する際は注意が必要です。例えば、ヘアドライヤーやアイロンなどは、電圧の違いにより性能が低下する可能性があります。また、台湾の電圧は110Vで、周波数は60Hzです。これは西日本の周波数と同じで、東日本とは異なります。周波数の違いも、特に時計や音響機器などの精密機器に影響を与える可能性があります。

台湾旅行を計画する際は、持参する電化製品が台湾の電圧に対応しているかを確認することが重要です。ほとんどの現代の電化製品は、幅広い電圧に対応していますが、古い製品や特定の製品では、変圧器が必要になることがあります。また、電圧の違いによる影響を避けるために、台湾での使用を避けるべき製品もあります。例えば、日本で100V専用とされている製品は、台湾での使用を避けた方が無難です。

スマホやPCなどの充電器は「100V-240V」対応だから問題なく使えるよ!(筆者は出張時に変換プラグや変圧器を持っていくことはないです。)

② コンセント形状:変換プラグの必要性

台湾のコンセント形状は、日本と同じ「Aタイプ」です。

台湾での旅行中、スマートフォンやカメラなどの充電には、特別な変換プラグを必要としません。

台湾旅行において、電化製品の使用は非常に便利ですが、コンセントの形状と電圧の違いに注意することが重要です。変換プラグは基本的に必要ありませんが、変圧器の必要性については、持参する電化製品の仕様を確認してください。また、台湾のコンセント形状が少し異なるため、一部の大型プラグではコンパクトな変換プラグの使用が便利です。

製品のラベルや説明書に「INPUT: 100-240V」と記載されている場合は、台湾の電圧でも安全に使用できます。事前にチェックしておきましょう。*特に、ヘアドライヤーやアイロンなどの高消費電力製品を使用する場合は、変圧器の使用を検討する必要があります。

 

③ ホテルの電源事情

台湾のホテルや宿泊施設では、日本と同じAタイプのコンセントが主流で、110Vの電圧が標準です。これにより、多くの日本製の電化製品や充電器をそのまま使用することが可能です。 ただし、ホテルによっては異なるタイプのコンセントが設置されている場合もありますが、基本的にはAタイプのコンセントが主流です。

台湾のホテルでは、一部の電化製品(特にヘアドライヤーやアイロンなど)が部屋に備え付けられていることもあります。これらの製品は、台湾の電圧に適合しているため、安心して使用できます。

台湾のホテルや宿泊施設では、無料のWi-Fiサービスを提供していることが多く、インターネットの利用も便利です。

ホテルに関する記事はこちら

台湾旅行での電化製品の使い方と注意点

台湾旅行での電化製品の使い方と注意点について、特にヘアドライヤーやアイロンの使用に焦点を当てて解説します。

① ヘアドライヤーやアイロンの使用

台湾では、日本のヘアドライヤーやアイロンを使用する際には注意が必要です。台湾の電圧は110Vで、日本の100Vと比べるとわずかに高いため、100V専用の製品は変圧器が必要になることがあります。 特に、消費電力が大きいヘアドライヤーやアイロンを使用する場合は、変圧器の容量範囲を確認することが重要です。台湾のホテルでは、ヘアドライヤーが備え付けられていることが多いので、持参する必要はない場合もあります。

台湾旅行におすすめする持ち物はこちらをチェック!

② 海外対応製品の見分け方

海外対応製品は、製品のラベルや説明書に「INPUT: 100-240V」と記載されていることが一般的です。この表示がある製品は、台湾の電圧に対応しており、変圧器なしで使用できます。製品選びの際は、この表示を確認することが重要です。

③ 電化製品トラブルの対処法

電化製品のトラブルが発生した場合は、まずは製品の電源を切り、安全を確保してください。製品の故障や不具合が疑われる場合は、専門家に相談するか、製品の交換を検討してください。

台湾旅行の快適な電気製品利用のためのアドバイス

台湾旅行での快適な電気製品利用に関するアドバイスを提供します。

① 電気製品のパッキングリスト

台湾旅行に持って行く電気製品のパッキングリストを作成する際は、必要最低限のアイテムに絞ることが重要です。スマートフォンやカメラの充電器、モバイルバッテリー、変圧器(必要な場合)などをリストアップしてください。台湾のホテルにはヘアドライヤーが備え付けられていることが多いので、持参する必要はないかもしれません。

「へアアイロン」が備え付けのホテルは少ないよ!必要な方は電圧のチェックを忘れずに!

② 変圧器・変換プラグの購入場所と選び方

変圧器や変換プラグは、電気製品店やオンラインショップで購入できます。選び方としては、目的地の電圧と電化製品の仕様に合わせたものを選ぶことが重要です。特に、変圧器を選ぶ際は、製品の消費電力に合った容量のものを選んでください。

筆者のおすすめは下記の商品です。

③ 電気製品レンタルサービスの利用

台湾では、電気製品のレンタルサービスを提供している場所もあります。特に、モバイルWi-Fiルーターやスマートフォンの充電器などは、空港や観光地でレンタルすることが可能です。これらのサービスを利用することで、荷物を軽減し、旅行をより快適に楽しむことができます。

④ モバイルバッテリーの選び方

モバイルバッテリーを選ぶ際は、容量とサイズを考慮してください。長時間の外出や、充電の機会が少ない場合は、大容量のモバイルバッテリーが便利です。また、持ち運びやすさも重要なポイントです。

まとめ|台湾旅行の電化製品準備を完璧に

この記事では、「台湾旅行と電化製品の使い方」についての重要なポイントを解説しました。

項目台湾の状況
電圧110V
コンセント形状Aタイプ
変圧器の必要性100V専用製品に必要
ホテルの備品ヘアドライヤーあり
台湾の電圧事情まとめ

台湾の電圧は110Vで、日本と同じAタイプのコンセントが主流です。

多くの電化製品は100V〜240Vに対応していますが、100V専用の古い製品や特定の高消費電力製品では変圧器が必要です。また、台湾のホテルにはヘアドライヤーが備え付けられていることが多いため、持参する必要はありません。この情報を活用して、台湾旅行での電化製品の準備を完璧にしましょう。

 

台湾旅行の際にもっていくべき必須・おすすめアイテムについては、下記でご紹介しております。
(台湾以外の海外旅行時にもおすすめのアイテムをまとめておりますのでぜひお役立てください)

 

また、当ブログでは、旅行時の空港ラウンジ情報や「台湾」でのホテル探し、現地空港に関する情報などもありますのでぜひご参考ください。

あなたの海外旅行が素敵なものになりますように!

それでは。

プラグ

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次