台湾旅行に必須のアイテムはこちらをチェック

桃園国際空港から台北へ!MRT(地下鉄)の乗り方を解説します。

当ページのリンクには広告が含まれています。
桃園MRT

日本から台湾へ行く旅行者の多くは「桃園国際空港」を利用します。

観光で最も人気の「台北」に移動する際、様々な移動方法がありますが、本記事ではMRT(地下鉄)で移動する方法を中心に乗り方を含めご紹介します。

この記事でわかること

・桃園国際空港から台北で移動する方法は3種類
・MRT(地下鉄)の乗り方、料金

早速解説していきます。

この記事を書いた人
  • 某総合商社の海外営業担当11年目
  • 台湾出張歴6年目、タイ出張歴2年目
  • 年の1/3は海外で仕事しています。
毎月台湾出張中

台湾に行く際は、筆者がおすすめする「台湾に持っていくべき必須・おすすめアイテム」もぜひチェックしてみてくださいね。

目次

桃園国際空港から台北で移動する方法は3種類

桃園国際空港から台北に移動する方法は下記3つです。

①タクシー
②タクシー+新幹線
③MRT(地下鉄)

それぞれ解説します。

①タクシー

桃園国際空港到着ターミナルからタクシー乗り場に移動して乗ります。

台北駅(台北車站)までは約1時間程度。

料金は1,500元(日本円で約6,500~7,500円)程度みておけば大丈夫です。

ただし、今回の移動方法では最も割高です。

良い点・悪い点は下記の通り。

大きな荷物を持ち歩かずに済み、目的のホテルまで移動が楽チン

・費用が最も高い
・タクシー運転手によっては運転が荒い
・たばこくさいタクシーの乗ったら苦痛の1時間…

 

台湾のタクシーでぼったくりはありませんのでご安心ください。

②タクシー+新幹線

つづいて、タクシーと新幹線の組み合わせです。

桃園国際空港の周辺には、「高鐵(新幹線)桃園駅」があります。

高鐵桃園駅から台北駅まで新幹線がでておりますので、快適に移動することができます。

方法は下記の通り。

1.桃園国際空港からタクシーで高鐵桃園駅まで移動(所要時間10分~15分。費用は300元(1,500円程度)みておけば十分)

2.高鐵桃園駅~台北駅まで新幹線で移動(所要時間15~25分。費用は指定席160元(800円程度))

新幹線チケットの買い方はこちらの記事をご参考ください。

台湾の新幹線は日本と比べとても安いので、上記の方法であれば片道2,500円~3,500円程度で済みます。

良い点・悪い点は下記の通り。

・タクシー移動に比べ、時間もかからずコストも安く済む
・新幹線好きには台湾新幹線に乗れる絶好のチャンス!

・タクシーから新幹線の乗り換えがイヤな方には面倒かも
・タクシー運転手によっては運転が荒い

 

台湾の新幹線は日本製ですよ~。電車好きの子供にはぜひみせてあげてください!

③MRT(地下鉄)

最後に、もっともコストが安く筆者もおすすめの方法です。

桃園国際空港から台北まで直通のメトロ(MRT)があります。

費用は160元(約800円)!!最も安いです。

良い点・悪い点は下記の通り。

・最も低コストで移動できる
・所要時間も最も短い(40分程度)

・大きな荷物を持ち歩きたくない方には不便かも

MRT(地下鉄)の乗り方

MRTの乗り方をご説明しておきます。

こちらが路線図。

上の路線図の青線が「普通車」、紫線が「直達車」と呼びます。
「普通車」:日本の普通電車と同じく各駅停車です。(空港から台北まで約50分)
「直達車」:台北駅・新北産業園区駅・長庚医院駅・桃空港第一ターミナル駅・桃園空港第二ターミナル駅に停車する快速電車です。(空港から台北まで約35分)

上記左側の飛行機マーク(T1,T2)が桃園国際空港の到着ターミナル駅です。

台北駅(台北車站)は一番右側にありますが、終点です。

下りそこなう心配はありませんね!

路線図の○枠内の数字は、「運賃」です。

桃園国際空港から台北駅までは160元(日本円約800円)となっております。

「普通車」も「直達車」も15分に1本の運行スケジュールです。
運賃も同じなので、タイミングの良い方に乗りましょう。

こちらが券売機。到着ターミナルから地下に行くとMRT乗り場があり、そこにあります。

こちらが操作画面。

画像下部をご覧下さい。

台湾MRT券売機は「日本語対応」です!これで英語が苦手な方も安心してチケットが買えます。

こちらが日本語の画面。

行き先(右上の台北駅)を選択して、お金を投入すれば改札入場用のコイン(樹脂製)が出てきます。

台湾には日本の交通系ICカードと同じ「悠遊卡(ユーユーカード)」というものがあり、そちらでも支払い可能です。

支払い方法

ご参考までに、現金以外の支払い方法を解説します。

台湾には下記2種類の交通系ICカードがあります。

①iPASSカード(一卡通):プリペイド式電子マネーで、チャージして使います。桃園メトロ・台北MRT・台湾鉄道などの交通手段はすべて共通で使用が可能です。日本と同様、コンビニでも使えます。

②悠遊卡(ユーユーカード):日本のSuicaのような交通系ICカードです。こちらもチャージで使用可能です。MRTや電車、バスで利用できます。 こちらもコンビニやスーパーなどでも使えます。

まとめ 桃園国際空港から台北への移動にはMRTを使おう!

今回は、桃園国際空港から台北への移動方法と最も安く・短時間で移動できるMRTの乗り方を解説しました。

桃園国際空港は台北に近い「台北松山空港」よりも大きな空港で迷う方もいるかと思います。

事前に購入方法を確認しておきましょう!

台湾旅行の際にもっていくべき必須・おすすめアイテムについては、下記でご紹介しております。

また、当ブログでは「台北」のおすすめホテルなどの関連情報を発信しております。

よろしければ下記より関連記事をご確認ください。

それでは。

桃園MRT

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次