海外での通信は、日本人利用者7年連続No.1の【グローバルWiFi】を使おう!

台湾「龍山寺」読み方を解説します。

当ページのリンクには広告が含まれています。
龍山寺

台湾龍山寺の読み方に迷ったことはありませんか?

台湾龍山寺の読み方は「ロンシャンスー」です。

この名前の由来や読み方の違い、訪れる際の注意点や周辺の観光スポットまで詳しく解説します。

著者のプロフィール
  • 総合商社の海外営業担当11年目
  • 台湾出張歴6年、タイ出張歴2年
  • 年間120日以上は海外で仕事しています。
毎月台湾出張中!

 

最初にチェック!

台湾旅行ご検討中の方は、筆者がおすすめする「台湾旅行に持っていくべき必須・おすすめアイテム」をぜひご参考ください。

 

目次

結論|台湾龍山寺の読み方は「ロンシャンスー」

家庭画報.com

台湾龍山寺の読み方は「ロンシャンスー」です。

ピンインは「Lóngshānsì」です。

以下、説明します。

  • 龍山寺の読み方の由来
  • 龍山寺の中国語読みと日本語読みの違い

① 龍山寺の名前の由来

龍山寺(ロンシャンスー)は、台北市万華区にある有名な仏教寺院です。

名前の由来は、福建省泉州市にある龍山寺から取られています。龍山寺の名前は、福建省泉州市の龍山寺に由来しています

18世紀に福建省からの移民が台湾に来た際、故郷の龍山寺を再現しようとして建てられました。彼らは故郷の寺院を模範にして、同じ名前を付けたのです。

また、龍山寺の「龍」は、風水や道教において非常に重要なシンボルであり、幸福や繁栄を象徴しています。

龍山寺の名前には歴史的な背景と深い意味が込められています。

 

② 歴史的背景と読み方の変遷

龍山寺は1738年に建立され、その後も幾度かの修復を経て現在の形になりました。

当初は小さな寺院でしたが、次第に地域の信仰の中心として成長しました。

日本統治時代には、日本人にも「りゅうざんじ」として知られていました。

しかし、台湾の独自の文化が発展する中で、中国語読みの「ロンシャンスー」が広まりました。

 

龍山寺の基本情報

龍山寺の基本情報について説明します。

① 位置とアクセス方法

龍山寺は台北市万華区に位置し、市内中心部からのアクセスが便利です

■住所:台湾台北市萬華区広州街211号

■営業時間

日曜日06:00 – 21:30
月曜日06:00 – 21:30
火曜日06:00 – 21:30
水曜日06:00 – 21:30
木曜日06:00 – 21:30
金曜日06:00 – 21:30
土曜日06:00 – 21:30

龍山寺は台北市の南西部に位置し、地下鉄(MRT)の龍山寺駅から徒歩で簡単にアクセスできます。

また、バスやタクシーを利用しても便利です。

周辺には多くの観光スポットや飲食店があり、観光客にとって魅力的なエリアです。

さらに、龍山寺周辺には多くの商店街や市場があり、地元の文化や食を楽しむことができます。

龍山寺を訪れる際の注意点

龍山寺を訪れる際の注意点について説明します。

  • 参拝時のマナー
  • 寺院内の写真撮影規則

① 参拝時のマナー

龍山寺を訪れる際には、参拝時のマナーを守ることが重要です

まず、境内では静かに行動し、他の参拝者に配慮しましょう。

また、寺院内では帽子を脱ぎ、携帯電話の音を切ることが求められます。お香を焚く際には、指定された場所で行い、正しい手順を守ることが大切です。

さらに、神仏に対して礼儀正しく接し、敬意を持って参拝しましょう。

 

② 寺院内の写真撮影規則

龍山寺では、写真撮影に関する規則が定められています

まず、境内での写真撮影は一般的に許可されていますが、一部のエリアでは禁止されていることがあります。

特に、本堂や重要な神仏の前では撮影が禁止されている場合が多いです。また、他の参拝者の迷惑にならないように配慮し、静かに撮影を行いましょう。

さらに、フラッシュを使用しないように注意し、神聖な場所での撮影は避けることが望まれます。

 

まとめ|台湾龍山寺の読み方と訪れる際のポイント

ここまでに書いた内容をまとめます。

項目内容
結論台湾龍山寺の読み方は「ロンシャンスー」
由来福建省泉州市の龍山寺に由来
基本情報台北市万華区に位置し、アクセスが便利

台湾龍山寺を訪れる際は、歴史と文化を深く理解し、快適な参拝を楽しむためのポイントを押さえておくことが重要です。安心して旅行を楽しむためのアドバイスを参考にし、素晴らしい台湾旅行を実現しましょう。

旅行時におすすめのクレジットカードは「海外旅行傷害保険付き(利用付帯)」のエポスカードです。

①最高3,000万円の海外旅行傷害保険(利用付帯)
②年会費永年無料
③入会特典:2,000円相当のポイントゲット

クレジットカードは旅行には必須アイテムですが、海外だけでなく国内でも普段使いができて賢くポイントが貯まるのでおすすめですよ!

>>海外旅行損害保険付きのクレジットカードを申し込む
公式HP:https://eposcard.co.jp/index.html

台湾旅行の際にもっていくべき必須・おすすめアイテムについては、下記でご紹介しております。

当ブログでは「台湾」に関する現地情報や旅行準備前のお役立ち情報を発信しております。

よろしければ下記より関連記事をご確認ください。

 

それでは。

龍山寺

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次