海外での通信は、日本人利用者7年連続No.1の【グローバルWiFi】を使おう!

台湾旅行でパスポートは持ち歩くべき?解説します。

当ページのリンクには広告が含まれています。
パスポート

台湾旅行に行く際、「パスポートは持ち歩くべき?」と悩んでいませんか?

「観光地に行くときに荷物になるけど、いざというとき無いと困る・・・」
「でも盗まれたりしたらもっと困る!」

持ち歩くべきか、それともセキュリティのためにホテルに置いておくべきか迷ってしまいますよね。

この記事では、台湾旅行中にパスポートを持ち歩くべき理由と、その安全な管理方法について詳しく解説します。

著者のプロフィール
  • 総合商社の海外営業担当11年目
  • 台湾出張歴6年、タイ出張歴2年
  • 年間120日以上は海外で仕事しています。
毎月台湾出張中!

 

最初にチェック!

台湾旅行ご検討中の方は、筆者がおすすめする「台湾旅行に持っていくべき必須・おすすめアイテム」をぜひご参考ください。

 

目次

台湾旅行でパスポートを持ち歩くべき理由

結論から言えば、「パスポートは持ち歩くべき」です。

台湾旅行でパスポートを持ち歩くべき理由の下記3点について

  • 台湾での身分証明書の重要性
  • パスポートを忘れた場合のリスク
  • 旅行中にパスポートが必要な場面

それぞれ解説します。

 

① 台湾での身分証明書の重要性

台湾に関わらず海外では、観光客が身分を証明するための主要な手段としてパスポートが使われます。

特にホテルのチェックインやレンタルサービスの利用時など、パスポートの提示を求められることが多いです。

パスポートはあなたの身元を確認するための唯一無二の書類です。

また、予期しないトラブルや緊急時には、パスポートが非常に役立ちます。

例えば、病院での診療や警察への届け出の際に、身分を証明するために必要となることがあるでしょう。

現地で体調を崩した際や非常時には必須になります。基本的に持ち歩きましょう。

 

② パスポートを忘れた場合のリスク

台湾旅行中にパスポートを忘れてしまうと、さまざまなリスクが伴います。

まず、ホテルのチェックインができなくなる可能性があります。多くのホテルでは、宿泊者の身元確認のためにパスポートの提示を求めます。

次に、警察やその他の公的機関での手続きが困難になります。例えば、何かトラブルに巻き込まれた場合や、交通違反をした際に身分を証明するものがないと、手続きが複雑になります。

また、ショッピングや観光中に、免税手続きを行う際にもパスポートが必要です。忘れてしまうと、免税の恩恵を受けられなくなってしまいます。

 

③ 旅行中にパスポートが必要な場面

台湾旅行中、パスポートが必要となる場面は多岐にわたります。

まず、空港での出入国手続きです。これは当然のことですが、パスポートがなければ台湾に入国することも出国することもできません。

また、銀行での両替時にもパスポートが必要です。特に大きな金額を両替する場合、身分証明としてパスポートの提示を求められます。

さらに、レンタカーの手続きや携帯電話のSIMカード購入時にも、パスポートの提示が求められることがあります。

パスポートは、旅行者の生活をスムーズにするための重要なツールです。

旅行中に思わぬ場面でパスポートが必要になることを考えると、常に携帯しておくことが重要です。

 

\台湾旅行に必要な持ち物はこちらにまとめています/

 

台湾旅行中のパスポートの安全な管理方法

次に、台湾旅行中のパスポートの安全な管理方法について解説します。

  • パスポートの保管場所を選ぶコツ
  • 紛失や盗難を防ぐための対策
  • コピーやデジタル保存のすすめ

それぞれ解説しますね。 

① パスポートの保管場所を選ぶコツ

通常、ホテルのセーフティボックスに保管するのが一般的です。

ホテルのセーフティボックスは、パスポートを安全に保管するための信頼できる場所です。

外出時には、パスポートをバッグの内ポケットに入れるか、首から下げるポーチを利用するのがおすすめです。

これにより、スリや盗難のリスクを減らすことができます。

② 紛失や盗難を防ぐための対策

パスポートを常に身につける習慣をつけましょう。特に人混みや観光地では、バッグを前に持つようにすることが有効です。

また、パスポートを入れる専用のポーチを使用することで、安全性が高まります。パスポートを入れる専用ポーチを使うと、盗難のリスクを大幅に減らせます。

さらに、ホテルの部屋に貴重品を置きっぱなしにしないことも大切です。

外出時には、必ずセーフティボックスに預けるか、持ち歩くようにしましょう。

 

③ コピーやデジタル保存のすすめ

パスポートの紛失に備えて、コピーやデジタル保存をしておくと安心です。

まず、パスポートのコピーを数枚作成し、旅行中に持ち歩くバッグやスーツケースに分けて保管しましょう。

パスポートのコピーを作成しておくと、紛失時に迅速に対応できます。

さらに、クラウドサービスにパスポートのコピーをアップロードしておくと、スマートフォンが壊れた場合でもアクセスできます。

 

台湾でのパスポートの代替手段

台湾でのパスポートの代替手段について解説します。

  • 使える身分証明書
  • 緊急時の大使館や領事館の利用方法

それぞれ解説しますね。

① 使える身分証明書

パスポートの代替として使える身分証明書はいくつかあります。

まず、国際運転免許証です。これは、運転をする予定がある場合に非常に便利です。

次に、在住証明書や外国人登録証なども有効です。

国際運転免許証は、パスポートの代わりに使える信頼できる身分証明書です。

これらの書類は、特定の手続きやサービスを利用する際に必要となることがあります。

特に長期滞在を予定している場合には、現地の役所で取得することをおすすめします。

 

② 緊急時の大使館や領事館の利用方法

緊急時には、大使館や領事館の利用が重要です。

まず、パスポートを紛失した場合には、最寄りの日本大使館や領事館に連絡しましょう。

大使館や領事館は、緊急時にパスポートの再発行を支援してくれます。

再発行の手続きには、写真や必要書類が求められるため、事前に準備しておくとスムーズです。

また、現地での滞在延長やビザの再発行についても相談することができます。

大使館や領事館の連絡先を事前に確認しておくことが大切です。

台湾の日本領事館:日本台湾交流協会

 

台湾旅行でパスポートを持ち歩く際の注意点

台湾旅行でパスポートを持ち歩く際の注意点について解説します。

  • 旅行先の治安とパスポートの扱い
  • 持ち歩くべき書類
  • 安全な持ち方

それぞれ解説しますね。

 

① 台湾の治安とパスポートの扱い

台湾旅行中の治安は比較的良好ですが、注意が必要です。特に観光地や繁華街では、スリや盗難のリスクがあります。

観光地では、パスポートをしっかりと管理することが重要です。

日本のように財布を無くしても警察に届けてくれるケースもあります。

 

② 持ち歩くべき書類

パスポート以外にも持ち歩くべき書類があります。

例えば、ホテルの予約確認書や航空券のコピーなどです。

ホテルの予約確認書は、チェックイン時に必要となる場合があります。

また、緊急時の連絡先や保険証券も持ち歩くと安心です。

これらの書類は、必要な時にすぐ取り出せるように整理しておきましょう。


\海外旅行時は「海外旅行損害保険」に入ることをお忘れなく。エポスカードなら自動付帯で安心です。/

>>海外旅行損害保険付きのクレジットカードを申し込む
公式HP:https://eposcard.co.jp/index.html

台湾旅行中にパスポートを紛失した場合の対処法

台湾旅行中にパスポートを紛失した場合の対処法について解説します。

  • 地元警察への届け出方法
  • 再発行手続き

それぞれ解説しますね。

① 地元警察への届け出る

見つからない場合は速やかに最寄りの警察署に行きましょう。地元警察への届け出は、パスポートの再発行に必要です。

まず、最寄りの警察署を訪れ、紛失届を提出します。地元警察への届け出は、パスポート再発行の第一歩です。

届出の際には、紛失した日時や場所を詳細に伝えることが重要です。

警察署から発行される紛失証明書は、大使館での手続きに必要となります。

 

② 再発行手続き

パスポートの再発行手続きは、最寄りの日本大使館や領事館で行います。まず、紛失証明書と必要な書類を持参し、大使館で手続きを開始します。

大使館での手続きは、パスポート再発行の最終ステップです。

再発行には時間がかかることがあるため、滞在期間の延長を考慮する必要があります。

大使館では、再発行の手続きや滞在延長についても相談することができます。

 

台湾の日本領事館:日本台湾交流協会

台湾旅行の計画段階で考慮すべきこと

台湾旅行の計画段階で考慮すべきことについて解説します。

  • 旅行保険とパスポートの重要性
  • 有効期限の確認方法

それぞれ解説しますね。

① 旅行保険とパスポートの重要性

旅行保険に加入することは、台湾旅行の際に非常に重要です。旅行保険は、病気や怪我、盗難などのトラブルに備えるためのものです。

旅行保険に加入しておくと、パスポート紛失時のサポートを受けることができます。

また、パスポートは旅行中の身分証明書として不可欠です。保険に加入する際には、パスポートの紛失や盗難に対する補償が含まれているか確認しましょう。

\海外旅行時は「海外旅行損害保険」に入ることをお忘れなく。エポスカードなら自動付帯で安心です。/

>>海外旅行損害保険付きのクレジットカードを申し込む
公式HP:https://eposcard.co.jp/index.html

② 有効期限の確認方法

パスポートの有効期限を確認することも重要です。台湾に入国する際には、パスポートの有効期限が6か月以上残っていることが求められることがあります。

パスポートの有効期限を事前に確認し、必要に応じて更新手続きを行いましょう。

有効期限が近い場合は、早めに更新手続きを開始することをおすすめします。

まとめ|台湾旅行でパスポートを持ち歩くべき理由と管理方法

ここまでの内容を簡潔にまとめた表をご覧ください。

トピック詳細
パスポートの重要性台湾での主要な身分証明書として使用
パスポートを忘れた場合のリスクチェックインや公的手続きが困難に
安全な管理方法ホテルのセーフティボックスや専用ポーチで保管
パスポートの代替手段国際運転免許証や外国人居留証(ARC)
パスポートを持ち歩く際の注意点人混みや観光地での盗難防止策
パスポート紛失時の対処法警察への届け出と大使館での再発行手続き
旅行計画時の考慮事項パスポートの有効期限確認と早めの取得
トラブル時のパスポートの役割医療機関や警察での身分証明

詳しくは、「日本国外務省の公式ガイド」をご確認ください。

旅行時におすすめのクレジットカードは「海外旅行傷害保険付き(利用付帯)」のエポスカードです。

①最高3,000万円の海外旅行傷害保険(利用付帯)
②年会費永年無料
③入会特典:2,000円相当のポイントゲット

クレジットカードは旅行には必須アイテムですが、海外だけでなく国内でも普段使いができて賢くポイントが貯まるのでおすすめですよ!

>>海外旅行損害保険付きのクレジットカードを申し込む
公式HP:https://eposcard.co.jp/index.html

台湾旅行の際にもっていくべき必須・おすすめアイテムについては、下記でご紹介しております。

当ブログでは「台湾」に関する現地情報(新幹線チケット購入方法や観光先など)を発信しております。

よろしければ下記より関連記事をご確認ください。

 

それでは。

パスポート

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次