海外での通信は、日本人利用者7年連続No.1の【グローバルWiFi】を使おう!

【マクドナルド】台湾でマックに行ってみた!日本との違いを解説

当ページのリンクには広告が含まれています。
マクドナルドバーガー

先日、台湾出張でマクドナルドに行ってみたよ。

ほこりね

I’m loving it.

ということで今回は、台湾のマクドナルドに行ってみたので、日本との違いをご紹介します。

著者のプロフィール
  • 総合商社の海外営業担当11年目
  • 台湾出張歴6年、タイ出張歴2年
  • 年の1/3は海外で仕事しています。
毎月台湾出張中

 

最初にチェック!

海外旅行ご検討中の方は、筆者がおすすめする「海外旅行に持っていくべき必須・おすすめアイテム」をぜひご参考ください。

 

目次

台湾マクドナルドの日本との違い 内観

今回は台北は中山駅から徒歩5分にあるお店にいってみました。

サラリーマンが大好きな飲み屋街「林森北路」の近くです。

McCafeのカウンター。最近は日本でも当たり前になってきましたが、海外はMcCafeは割と早くに導入されていました。

多くのお客さんが受け取り待ち状態ですね。

マクドナルドは台湾でも人気です。

台湾マクドナルドの日本との違い 注文方法

注文はタッチパネルで行います。日本より進んでいますね。

日本語対応していたので、安心して購入できます。

もちろん、有人カウンターでの注文も可能です。

また、クレジットカード・アップルPay・台湾交通系ICカードでの購入も可能です。

 

注文したので受け取り待ちです。

ここは日本と同じ方式ですね。番号が呼ばれるのを待ちます。

*中国語の数字で呼び出されるので、心配な方はレシートを店員に見せましょう。

 

台湾マクドナルドの日本との違い 実食

今回注文したのは、「マッシュルームペッパーソースハンバーガーセット」です。

ソースはチリソース。台湾ではチリソースが一番人気です。

ケチャップももらいました。

マックナゲットとポテトは日本と味が変わらず、チリソースにつけていただきます。

こちらがマッシュルームペッパーソースハンバーガー。

なかなかに美味しそうです。

中にはマッシュルームが程よく入っており、マヨネーズとペッパーソースが食欲をそそります。

全体的には濃い味付けではなく、わりとあっさり食べられました。

 

コーラはMサイズでしたが、日本のLサイズくらいありました(笑)

なにより、SDGsの観点からコップがプラスチックで再利用可能なものになっていました。

日本とは異なる点ですね。

 

台湾マクドナルドの日本との違い 価格

今回の価格は、228NT元(約1,150円)

円安の影響でかなり割高になっています。。。

それでも知っているファーストフードがあるのは安心ですね。

まとめ|台湾マクドナルドで日本との違いを楽しもう

台湾サイゼリヤの日本との主な違いは以下の通りです。

  • タッチパネルでの注文が主流(有人カウンターもあり)
  • ドリンクサイズが大きく、チリソースがメイン
  • 値段は為替の影響もあるが若干高い

 

海外のローカルフードももちろんよいのですが、たまには日本にもあるチェーン店で文化の違いを楽しむのもわるくありませんね。

台湾旅行の際はぜひ、立ち寄ってみてください。

台湾フードをほかにも読みたい!という方はこちら

 

台湾旅行の際にもっていくべき必須・おすすめアイテムについては、下記でご紹介しております。

当ブログでは「台湾」のホテルや新幹線のチケット購入方法などの関連情報を発信しております。

よろしければ下記より関連記事をご確認ください。

 

それでは。

マクドナルドバーガー

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次