海外での通信は、日本人利用者7年連続No.1の【グローバルWiFi】を使おう!

【台湾一人旅】初めての台湾旅行にもっていくべきもの

当ページのリンクには広告が含まれています。
台湾地図

日本人に人気の海外旅行先といえば、「台湾」ですね。

今回は、台湾に毎月出張中の筆者が初めての台湾一人旅が安心できる台湾旅行に必要な持ち物と便利なものと、現地お役立ち情報をまとめました。

下記お悩みの方は是非読んでいただきたいです!

・初めての台湾で何を持っていくべきか、準備が十分にできているか不安・・・
・海外旅行の際に持っていくもの、あった方がイイもの(便利なもの)って何?

本記事では、台湾旅行の準備をするうえで、「必要なもの」「あったら便利」なものとでランク分けをしております。

ぜひ、本記事を読んで持ち物チェックリストを確認してみてください。

著者のプロフィール
  • 総合商社の海外営業担当11年目
  • 台湾出張歴6年、タイ出張歴2年
  • 年の1/3は海外で仕事しています。
毎月台湾出張中
目次

【初めての台湾一人旅】必要なもの *事前準備をお忘れなく!

まずは必需品ですね。これは間違いなく必要!というものを紹介します。

①筆者おすすめのクレジットカード

慣れない海外で大量の現金を持ち歩くのは以下の理由からおすすめしません。
したがって、クレジットカードを最低1枚は持ち歩きましょう。

現金をお勧めしない理由

・為替リスクがある(円安の場合、余計にお金が必要になる)

・盗難リスクがある(台湾は治安がいいので盗難リスクは低いですが、紛失防止にもなります)

・帰国時に余ったらもったいない(日本円に換金すると高確率で損します。特に昨今は円安なので!)

・荷物になる(小銭が増えると地味に重くて嫌になります)

おすすめのクレジットカードは「海外旅行傷害保険付き(利用付帯)」のエポスカードです。

①最高3,000万円の海外旅行傷害保険(利用付帯)
②年会費永年無料
③入会特典:2,000円相当のポイントゲット

クレジットカードは旅行には必須アイテムですが、海外だけでなく国内でも普段使いができて賢くポイントが貯まるのでおすすめですよ!

 

②WiFiルーター

WiFiルーターは必須アイテムです。

現在は、eSIMやSIMカードもありますが、私はWiFiルーターをおすすめしております。

おすすめは日本人利用者数7年連続No.1のグローバルWiFiです。

世界30か国以上に対応しており、ネット予約ができ、旅行当日も空港で簡単受け取りができます。

台湾の場合は5G対応プランもあり、現地での通信もサクサクです!

 

当方が実際に利用してみた所感としては下記の通りです!

・設定一切不要!現地についたら電源をONにしてパスワードを入力するだけで使えます!
・郵送での受け取り、返却もできるので便利!

 

 

グローバルWiFiのレンタル方法はこちらの記事をご参考ください。

 

SIMカードとWiFiルーターのメリット・デメリットに関する記事はこちら

 

③航空券+ホテル予約

「結局どこの旅行会社が安いのか?」旅行検討時に必ず悩みますよね。

筆者はエアトリを利用しております。

海外航空券のオンライン売り上げNO.1サイトで「航空券」と「ホテル」が同時に予約できます。

「航空券」と「ホテル」同時予約でホテル代がお安くなります!

お得に泊まることを考えるならエアトリで探してみてください。

 

”ホテル予約のみ”でいい!という方はこちら

ホテル予約

楽天経済圏の方は、海外旅行でのホテル選びは楽天トラベルを活用しましょう!

楽天トラベルなら台湾のホテル予約が可能です。

台湾のホテル相場は、1泊10,000~20,000円程度。楽天トラベル経由なら宿泊日数に応じてお得にポイントゲットができます。

ほこりね

日本語で予約もできるから語学の苦手な方も安心です。

私は出張時に利用していて一回の主張で2,000ポイントほどゲットしています!

④スーツケース

スーツケースも悩みどころですよね・・・。

筆者のように仕事で使用する人は購入して使う方が良いのですが、年に1回や、数年に1回程度の方は、「レンタル」をおすすめします。

➃-1.レンタル検討の方向け

レンタルは下記のような方におすすめです。

・頻繁に使用しない
・家に収納するスペースがない
・一人用、家族旅行とサイズ別に持つのがイヤ


【アールワイレンタル】ならサイズ別に選べて便利です。
ネットで簡単予約ができ、最新のスーツケースも使用することが可能です。

送料込みでの見積もり表示なので、料金もわかりやすいですよ。

 

➃-2.購入検討の方向け

購入検討をされている方はMAIMO JAPANがおすすめです。

取り外して交換できるキャスターを採用しているため、長期的に使用できる
・元国際線客室乗務員とデザイナーの3名で立ち上げた日本ブランド
・旅先での贅沢を優先すべく、10,000~20,000円台の低価格帯なのに高品質

高級スーツケースは憧れますが、旅先での贅沢が一番賢いお金の使い方です。

MAIMO JAPANはキャスター交換が可能なので長期的に使用ができる上、低コストで購入することができます。

 

そのほか、筆者が実際に利用してみてよかったスーツケースをサイズ別にご紹介します。

①2泊3日~3泊4日の短期の方向け

スーツケースの走行音が気になる方はこちらがおすすめです。
私も長年使用していますが、とても静かでほとんど音がしません。
走行もスムーズで使いやすく、機内持ち込み可能サイズで使い勝手は抜群です!

 

2泊3日の旅行プランで予算が気になる方はこちら

 

②5泊6日~1週間程度の方向け

5泊以上になるとMサイズもしくはLサイズあたりのスーツケースが欲しいところです。
こちらの商品は低価格にもかかわらず使い勝手を考えられた設計でとてもおすすめです。

スーツケース部門で高評価を獲得していてユーザーの欲しい機能満載です!

宿泊日数に合わせてサイズ選びをしましょう!

3泊以上の旅行プランで予算が気になる方はこちら

 

 

⑤USBポート

海外のホテルでは、電源タップの数が少ないホテルもあります。
PC・スマホ・ルーター・モバイルバッテリーなど、充電が必要な電子機器に多い方は、USBポートは必ず用意しておきましょう。

 

⑥モバイルバッテリー

旅先での電子機器の充電切れは最も避けるべき事柄です。

一番のおすすめはこちらです。

20,000mAhと超急速充電&複数回充電できる容量があるうえ、iphone/Android双方に対応した充電ケーブルがついています。
USBポートもあるので、機種は選びません。

 

Apple製品(iphone,iPad)ユーザーの方でより小型のものが良いという方はこちらもおすすめです。

5,000mAhのため、多少充電速度は劣りますが、それでも十分。
小型・軽量+残量が一目でわかるので使いやすさに優れています。

台湾の電圧・電源(コンセント)は日本と同じものがそのまま使用できますので、電圧変換機は不要です!

  

⑦ウエットティッシュ

旅先での食べ歩きは旅行の醍醐味と言っても過言ではありません。
とくに台湾は夜市が有名な観光地。

食べ歩きの最中に手を拭く場面は多いです。

できればアルコールティッシュとウエットティッシュそれぞれ持ち歩くようにしましょう。

 

⑧折り畳み傘

現地での急な悪天候対策に折り畳み傘は持っていくことをおすすめします。

とはいえ旅先で荷物になりやすい折り畳み傘・・・。

下記の製品は食パン1枚とほぼ同じ重さの69G超軽量ですのでおすすめです。

台湾は季節によっては夕方に急な大雨が降ることも珍しくありません。折り畳み傘はお忘れなく!

⑨台湾悠遊カード(EASY CARD)

悠遊カード(EASY CARD)は日本でいうSuicaやPASMOなどの交通系ICカードです。

現地では電車やバス・タクシーやコンビニの買い物などでも利用できるので必ず作っておきましょう。

日本で事前購入もできる!限定デザインをGETしよう!

日本で事前にカードを購入しておくこともできます。現地について券売機でチャージをすることで利用可能です。限定デザインが欲しい方はぜひチェックしておきましょう!

 

台湾悠遊カード(EASY CARD)の解説記事はこちら

 

【初めての台湾一人旅】あったら便利なもの

ここからは、必須ではありませんが、旅行慣れしている筆者があったら便利!と体感している便利なものをご紹介します。

⑩洗濯ネット

意外にも洗濯ネットの汎用性は高いです。

メリットは、
・帰国後そのまま洗濯機に入れるだけで楽チン!
・旅先での洗濯時にも利用しやすく、ほかの方に下着などを見られずにすむ

旅先では使用済み衣類がごちゃごちゃになるのはストレスなので、洗濯ネットで種類別にまとめておきましょう。

 

⑪スリッパ

「移動中の飛行機内やホテルの部屋でスリッパを使用したい・・・」という方は、携帯用がおすすめです。

洗濯もできるので繰り返し使えて便利です。

 

⑫自撮り棒

旅先での思い出づくりには自撮り棒もなくてはならないアイテムです。

スマホ・デジカメにも対応していて、自撮り棒としても三脚としても利用できます。

ほこりね

遠隔操作用リモコン付きなので、離れて使用も可能で便利!

⑬ポーチ

下着や服がかさばってスーツケースいっぱいいっぱいになる方は、圧縮ポーチがおすすめです。

⑭アイマスク

普段の生活でも使えるホットアイマスクは重宝しています。
移動時の機内・旅先での目の疲れを癒すことができます。(丸洗いも可能ですので衛生的にも安心です。)

使いきりのホットアイマスクはランニングコストが気になりますが、こちらは繰り返し使えるので長い目で見ればお得です。

⑮ネックピロー

長時間の飛行機移動は疲れがたまりやすいです。
快適に過ごすうえではネックピローがあると便利です。

 

⑯マスク

コロナ明けの現在でも、インフルエンザや旅先での感染症など、感染リスクは無くなりません。
せっかくの旅行で風邪をひかないためにも、マスクは持っておくようにしましょう。

機内の湿度は数%と低く、とても乾燥しています。せっかくの旅行で風邪をもらわない&移さないようにしましょう!

 

⑰変圧器

台湾の電源は110Vです。(日本は100V)

スマホ・カメラ・PCなど身の回りの電化製品は100V-240V対応なので変圧器は不要ですが、

「へアアイロン」など一部の電化製品は100V固定などの仕様がありますので注意しましょう。
どうしても必要な方はこちらをおすすめします。

台湾のコンセント事情についてはこちらの記事をご参考ください。

⑱日焼け止め

いまや女性に限らずかもしれませんが・・・。

台湾は夏の期間が長く日差しが強いため、日焼け止めは欠かせません。

必ず購入しておきましょう。

 

補足|電子タバコは要注意!台湾の持ち込み禁止品

台湾には持ち込み禁止品が数多くあります。

男性の場合、「タバコ」は要注意!!!

「知らなかった」では済まない事態を避けるためにも、必ずチェックしておきましょう!

まとめ|はじめての台湾一人旅に必要な持ち物・便利なもの、準備は万全に!

不慣れな海外旅行や旅先での急な入用にも、事前の準備は欠かせません。

台湾旅行を存分に楽しむためにも、本記事でご紹介したものをぜひご用意くださいね。

また、当ブログでは台湾に関する現地情報やホテル情報・ラウンジ情報などもご紹介しております。

これからの台湾旅行に備え、ご参考ください。

 

学生の一人旅はこちらの記事をチェック

 

それでは。

台湾地図

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次